アクセス解析
カウンター
⇒ メインページに戻る
娘のスキー板とブーツを買った

■日付 : 2018/01/19(金) 01:28
■分類 : スポーツ(スキー)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

 

先日の“電車ごっこ”スキーで、想いのほか上手く滑れたことに気をよくした娘と、親バカな俺w

 

某オークションで板とブーツを買っちまいましたw

板が1,700円+送料1,600円、ブーツが900円+送料500円で、総額4,700円。

 

 

サイズはやや大きめだけど、ゲレンデを含め、たぶん今シーズンもあと数回行くと思われる狭山スキー場のレンタルひとつとっても3,200円するので、2回行けばモトは取れる計算。

そしてサイズアウトしたらまた売りに出せばいいしw

 

 

<おまけ・俺のショートスキーと、パンダのプラスチックスキー揃い踏み>

 

トライスキーとコーチングベルトで平日カムイみさか家族スキー

■日付 : 2018/01/11(木) 17:30
■分類 : スポーツ(スキー)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

 

正月明けの連休を休日出勤したので、その代休で平日スキーに家族3人で行ってきた。

場所はカムイみさか。

 

一人で滑るぶんには狭すぎるけど、4歳児と初級者ヨメさんにとってはちょうどよい規模。

 

で、娘とは年に数回の狭山スキー場と、ゲレンデを1〜2回行っているような感じになってきているけど、いよいよもうすぐ5歳になるという自覚もあるようで、そろそろちゃんと滑る練習を、、、ようやく本人がしてくれるようになってきたw

 

今までプラスチックのおもちゃスキーを履いて、後ろから中腰でずっと支えて滑ってきたけど、そろそろ体重的にも支えきれなくなってきたので、昨シーズン終盤頃からおもちゃスキーは卒業の方向にしていたけど、今日はそれに加えて強制ボーゲンが出来るトライスキーと、あと電車ごっこの出来るコーチングベルトを使ってみたところ・・・

 

トライスキーだけでの練習ではなかなかうまく滑れず泣いたり騒いだりすることもあったけど、コーチングベルトを使うやいなや、ほとんど全ての行程を支え無しに滑ることができて、あらまぁビックリ仰天。

 

さすがにまだ方向転換はおろか、自分で減速することもよく分かってないためか、ずっとベルトを馬の手綱のように使って、モーレツに内ヒザに力を入れてブレーキをしつつ、後ろから引っ張ることに終始したからめっちゃ疲れた。

 

けど、つい前回まで一人でちゃんと滑れなかった状況を一変させたこの光景にとにかく嬉しいやらびっくりやら、でも後ろから収支引っ張らなければならないからちとキツかったけど、とにかく今日は楽しい一日が過ごせたかなと思う次第。

 

 

それにしても、平日カムイのガラガラっぷりと、あと高速道路のガラガラっぷりで、まさかの18:30新宿戻りは至上最速。

今後も有給休暇を積極的に利用して平日スキー&スノボができればいいなぁ、などと思った一日でした。

 

2017年のイベントカレンダー振り返り

■日付 : 2017/12/22(金) 01:56
■分類 : その他(目標)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

 

今年も残すところあと数日ですが、恒例の目標達成項目およびその振り返りの時期がやってまいりました。

・・・って、今年はあまり目標を立てなかったので、達成項目チェックは無しでw

 

カレンダーを見返すと、久しぶりにイベントが多い一年だったかなと。

 

今年のメインとしていた埼玉ミドルは、時間内完走は8年振りに出来たものの、種目別制限時間でRUNが僅かにオーバーしてしまったので、正確にはタイムを残しての記録とはならず。

というか、ギリギリなレベルでヒ〜ヒ〜言ってるようじゃ、まだまだダメなわけですが。

 

ダメなので、今年は基礎やフォームの見直しといったところを重点的にやるべく、マンツーマンレッスンを何回かやったけど、特にSWIMについてはその効果が出てきたかなと思う最近。

 

RUNについても、目標タイムの立て方だったり練習の質だったりを、書籍も含めていろいろ組み立てたわけだけど、結果的に埼玉国際マラソンでそれなりに満足・・・とはいかないまでも、まぁまぁ良い記録が出せたかなと思うのです。

 

BIKEについては、なるしまで2万+消費税でどっぷり4時間のマンツーマンレッスンがあると知ったので、来年の早めの段階で一度やってみようかなと思う次第。

2万は高そうだけど、1回あたり6,000円+消費税のSWIMマンツーマンは4回やってるから、妥当な金額なのかも。

 

なんと言っても、セミディープリムホイールも買ったしね。

本当はディープリムが欲しかったけど、さすがに13万は出せない。。。

 

 

と、なんかトライアスロンを主軸にした生活が際立ってる昨今だけど、ヨメと娘の相手もおろそかにはせず、あとトライアスロン以外の趣味ももう少し広げつつ、来年もまたマイペースで頑張れればと。

 

来年はIRONMAN Gurye:韓国。

3種目それぞれのタイムは、過去のアイアンマン・ディスタンスレースのどれよりも速い記録を出したい。

 

種目別の単独目標としては、

SWIM:100mを1分50秒で38本泳げるレベルに。

BIKE:30km/h平均で140kmくらいは走れるレベルに。

RUN:サブ4の達成を目指したい。

 

 

そしてその先にはアイアンマン・ハワイ・ワールドチャンピオンシップ。

何よりも大事なのは、しっかり楽しんで、しっかり分析して、最終的に少しずつレベルアップした月日が刻めるようにしていければと思う次第。

 

 

あ、あと仕事については、RPAに関する自動化の取り組みがそこそこ評価してもらえて、その先の展開もいろいろ構想が膨らんでいるらしいので、そのへんを少しばかり本腰を入れて頑張ってみようかな、などと思ったりもしています。

 

そんな感じで今年もお疲れさまでした。

また来年も頑張りましょう。

 

当選確率0.083%で2018 IRONMAN World Championship : Hawaii KONA

■日付 : 2017/12/15(金) 01:36
■分類 : スポーツ(トライアスロン)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

 

IRONMAN 40周年を記念して、KONA 40slotの抽選を開催。

 

条件 : 2018年IRONMANにエントリーをしている事
当選 : 40人
結果 : 2018/01/22 抽選結果発表
支払 : 2018/04/01 950USD支払期限

 

<確率>
1つのレースに少なくとも1,200人。対象レースが40。
「1,200人×40レース」中、40人当選=1,200人に1人の確率。

・パーセンテージだと0.083%
・サイコロを5回振って同じ値が連続して出る確率とほぼ同じ
・年末ジャンボ宝くじで10万円以上が当たる確率とほぼ同じ

 

<当選後>
2018/08/20までに150人以上の参加者の下記規模の大会で時間内完走
→ S:1.9km / B:90km / R:20.1km

 

<行動メモ>
・エントリー条件 : 2018韓国Guryeにエントリー済。
・当選結果発表日 : なんと娘の誕生日。
・万一当選したら : セントレア70.3(6月中旬)か皆生(7月下旬)あたりを何とかエントリーするしか。

・韓国Gurye参加 : KONAの1ヶ月前なのでちょうどいい前哨戦になるかと。

 

SWIM 100m ×50本練習会 2分10秒サークル 2回目の「生身でクリア」

■日付 : 2017/12/10(日) 19:41
■分類 : スポーツ(水泳)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集
いちおか先生によるマンツーマンレッスンで得た新しい泳ぎ方が本当に「自分にとって」速い or ラクな泳ぎなのかを身をもって試すために、恒例の練習会で泳いでみた。

プールは25m、サークルは2分10秒。

そして結果は、、、


悪くない。

最初から腕がやや疲れ気味で「ヤバいかな?」とも思ったけど、次第に慣れてきて。
んで、いつもの泳ぎをやったり、キックを常に打ったり、いろいろ今までの泳ぎとの差をそのタイム差や疲労度で試しながらやってみたんだけど、

うーん、不思議なことに、、、

やはり、2ビートでのキックのほうが微妙に速い、と言うよりはラク。

しかも、2ビートで頑張らなければ!とリキむよりは、ひとかきひとかきで得た推進力をいかにロスしないか、を意識した、リラックスした泳ぎのほうが結果的に効率的な泳ぎになっている、らしい。

途中から順番をひとつ後ろに下がらせてもらって、自分と同等の速さの人の後ろで泳げたおかげ=ドラフティング効果もあってか、最後まで体力を残せたまま泳ぎきることができました。


ちなみに100mのタイムはだいたい、前半が1分50秒、後半が1分53秒くらい。

25mあたりのストロークは、ドラフティング効果が無いときが18〜19回、ドラフティング効果が有るときは16〜17回くらい。


果たしてドラフティング効果が最後まで無かった場合はどうだったのか、そして50mプールだったらどうなのかは分からないけど、ひとつここにきて、ステップアップの実感を得たような、そんな感覚が持てた練習会でした。


<疲れつつも意識し続けたこと>
・手のエントリーはU字下半分の軌跡
・キャッチ〜プルはリラックス
・ブッシュしたらすぐリカバリーしてエントリーの直線で一瞬止める
・キックはたぶんリラックスした2ビートのほうがいい
・ブレス時の腕は沈みがちなので沈まないように頑張る
・ブレスは4回に1回だったり2回に1回だったりするが、リカバリー側の腕はできるだけ前にする


不思議なもので、頑張らなければ!とリキむと、自然と抵抗を受けるような泳ぎになるので、遅いかも?と思いつつも、リラックスしてひとかきひとかきを意識して推進力を感じながら進んだほうが、タイム的には同程度でも、疲労度が違うみたい。

キックを常に打っているほうが下半身は沈まないけど、それが抵抗になるなら2ビートでやる、
けど、そのぶんをカバーしようと腕のかきを頑張るとリキむことになる。
なので、そのはガマンしてリラックスを心掛ける。


まだまだ奥は深いけど、当分の目標は、、、
・ひとまず今の泳ぎをある程度モノにして、
・1分50秒ペースを休み無しで3,800mいけるくらいになって、
・100m単位であれば1分40秒くらいでラクにいけるくらいになって、
・25mプールで2分サークルで回せるようになって、
・50mプールで2分05秒サークルで回せるようになって。


そしてBIKE、RUNも忘れずにバランスよく、レベルアップさせていきたいものです。

IRONMAN Gurye Koreaまであと、273日。
SWIMマンツーマンレッスン:いちおか先生 #2

■日付 : 2017/12/05(火) 13:00
■分類 : スポーツ(水泳)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集
前回のレッスンで、少なくともゆっくり泳いだときの25mストローク数が16→12程度に減ったので、その手応えを感じたとともに、「じゃあ、スピードを上げたり、実践での泳ぎをするにはここからどう変化させればいいのだろうか」と思ったので、2回目のレッスンを受けてきた。


<動きの解説と目的とドリル>
1. スーパーマン:やはりクラゲ浮きで全身の力を抜く

2. フィッシュ:身体を水平にするための練習。頭が少し下がって、胸から水を押して前進してゆく。
両手を内ももに付け、棒が倒れるように全身まっすぐ入水し、入水のときに足の親指だけを推進力にして前進。膝の反動を使わない。
そしてその状態で普通に泳ぐと少し深いところを泳いでいるような感覚になるが、それが水平。

3. 左手を伸ばし、右手を入水直前の状態で、身体を70度斜めにして入水。→右手の入水と同時に左足だけをハエ叩きのようにスナップして反転。→逆の姿勢で繰り返し。
水深が深いほうの足をキックしているので、水しぶきは立たない。

4. 腕をアルファベットUを横にして半分に切った下半分の軌跡で入水。そして中指を伸ばす。

5. 入水の直前、反対の伸ばしていた手の手首を少しだけ曲げて水を掴む。そして胸まで引き寄せている間は力は入れず、胸から後方に押し出すときに力を入れる。
ここが推進力になる。

6. 押し出した手はモモの外側でよい。水を押したその反動で水面に出す。

7. 水面に出したら、力を抜いてそのままリカバリー。頭より前の位置で0.5秒止める。ここが最も伸びる位置。
つまり、この姿勢の瞬間をいかに抵抗を減らして距離を稼げるか、がもうひとつの推進力のポイント。

8. 頭は後頭部が水面すれすれの位置。


<動作を順に並べた箇条書き>
・スーパーマンでスタートしてけのび
・頭は後頭部が水面すれすれの位置
・右手の手首を少しだけ曲げてキャッチ
・キャッチ〜プルは軽く
・プル〜ブッシュを強く ※ここで推進力を得る
・ブッシュは太ももの外側で
・身体は斜め70度
・ブッシュした水面の反動で水から腕を抜く
・ブッシュしたらすぐリカバリー
・リカバリーは力を抜く
・右手のエントリー直前で0.5秒待つ ※ここで推進力を維持する
・左手の手首を少しだけ曲げてキャッチの準備
・横倒しU字下半分の軌跡で右手をエントリー
・それと同時に左足だけをスナップして身体を反転させる
・左手のキャッチ〜プルは軽く
・入水した右手は中指を前に伸ばす
・身体は斜め70度
・左手のプル〜ブッシュは強く
・ブッシュしたらすぐにリカバリー
・あとは右手と同様に繰り返す
・ブレスは4ストロークに1回
セミディープリムホイール「SCIROCCO35」買った

■日付 : 2017/12/03(日) 23:21
■分類 : スポーツ(自転車)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

 

国内ロング5大会を制覇して、次は来年のIRONMAN韓国をターゲットとして練習しているんだけど、やはり5大会を「けっこうギリギリで完走」という事実を、もう少しなんとかならないか。という想いから、いろいろマンツーマンレッスンを受けたり、練習の質を考えたりしてみている昨今。

 

中でもBIKEについては、比較的カネを掛ければ効果も比例しやすい種目だけど、けど、だからと言ってTTバイクを150万も掛けられるほど懐事情に余裕があるわけでもなく。

となると、費用対効果の高いものから少しずつ換装していく、という考えのもと、辿り着いたひとつの答えがホイールのアップグレード。

 

そして、ディープリムホイールがおそらく一番よさそうだ、と思っていろいろ調べたり探したりするものの、安くても13万くらい平気でしてしまうシロモノ。

そしてその効果で、仮に180kmを1時間くらい短縮できるのかと言えば、うーん、やはり巡航速度が30〜35km/hくらい出せてようやく本領発揮となると、、、もしかすると今の自分には効果を発揮しきれないのかも、と悶々としていたところ、出会ったのがこのセミディープリム。

 

中でも比較的定評があり、比較的安価なCampagnoloの「SCIROCCO35」は3.5万くらいで買えるとあり。

また、巡航速度も(人によるだろうけど)25〜30km/hくらいで効果を実感できるということなので、ちょうど180kmレースのアベレージがそのへんなので、奮発してついに決断。

 

換装した写真のイメージは、35mm heightゆえ今までとあまり変わらないけど、少しはこれで速くなるのだろうか。

いや、仮に速くならなくても、そのあとのRUN 42.2kmを走るための体力がさらに温存できるのであれば問題ないわけで。

 

 

で、これに加えて耐パンク性能に定評のあるドイツのContinental「GrandPrix 4000 S II」を組み合わせることにして、、、

80km弱ほど埼玉のいつものサイクリングロードを試走してみた。

 

感覚としては、、、うーん、、、ワカランw

 

というか、いつのタイミングかワカランけど、新品ホイール新品タイヤ新品チューブ初日にしていきなりパンクという orz

心当たりとしては、リム打ちをしたような気がしないでもない。

穴が小さくてスローパンク気味だったけど、内外にそれらしき形跡を見つけることはできず。

 

ちょっとイヤな感じのデビューだったけど、まぁ、そのうちまた走って、いろいろ感覚を掴んでいければと思う次第。

 

 

IRONMAN Gurye Koreaまであと、280日。

IRONMAN Gurye: KOREAエントリー完了

■日付 : 2017/11/26(日) 23:55
■分類 : スポーツ(トライアスロン)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

 

<レース> エントリー(Early Bird) 62,343
FinisherPix(写真/動画) 13,374
現地シャトルバス往復 9,068
Active.com 8%手数料 6,783
<移動/宿泊> 飛行機往復(諸税込) 32,220
宿4泊(通貨:ウォン(KRW)) 18,700
自宅→空港(電車) 1,374
空港→自宅(バス) 3,300
<補給食/機材> 補給食 5,000
セミディープリムホイール 35,400
ロードタイヤ(2本) 11,480
ロードチューブ(2本) 1,980
<その他> パスポート更新 16,000
3本ローラー 20,200
旅行バッグ(登山用) 11,900
フォーム精査(なるしま) 21,600
―――――――――――――――――――――――――――
※総額 (1USD=113.35JPY) 270,722
※最低限なら (エントリー/移動/宿泊) 137,717

 

 

てなわけで、ついにエントリーした。

 

2015年、北海道以来のIRONMANシリーズ。

ツアー会社の金額はホテルが高めだったけど、全体を自分で手配することで、だいぶ安く行けることになりそう。

上記リストにはまだ未購入や未手配のものも含まれるけど、だいたいこんな感じかな。

 

国内レースに留めておけば、もっと安上がりだけど、なんだろう、スノボもそうなんだけど、1箇所を極めるというよりは、いろんな所に行くほうが好きな性分なので。

と言っても韓国以外のIRONMANシリーズはどこもモーレツに高いから、海外レースを今後どれくらいやれるか分からないけど、もし数十年の先に目指す地がハワイなのであれば、その経験を今から積んでおくことはきっと、糧になることだろう。

 

なんといっても、モチベーションの入り方が違うだろうし。

今年、埼玉ミドルを中心に頑張ったけど、やはりどこか本気になり切れなかったというか、納得のいくシーズンにはならなかった。

11月のフルマラソンはまぁまぁの記録が出せたけど、ハワイを想定した3時間40分にはまだ30分以上も遅い。

 

 

どこまでやれるかは分からないけど、念願のディープリム改めセミディープリムホイールも注文したし、3本ローラーも買ったし。

SWIMとRUNのマンツーマンレッスンを今年はやったし、BIKEも早いうちにやる予定だし。

 

出来る限り頑張って、でも頑張りすぎて途中で中だるみになったり、宮古島のときのように怪我をしないよう注意しながら、ひとつやってみようと思います!

 

 

IRONMAN Gurye Koreaまであと、287日。

バタフライ講習会に行ってきた

■日付 : 2017/11/25(土) 21:00
■分類 : スポーツ(水泳)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

 

前日にこの講習会のことを知って、ちょうど泳ぎに行くついでにこれの空き状況を聞いたところ「基礎編」は空きがあったので、無料ということもあり、急遽申込をしてみた。

そして当日、「マスター編」もキャンセルがあって空きがあるとのことで、計2時間連続で両方に参加w

 

バタフライなんざ、マトモに泳いだのは小学生以来で、しかもあの時は全然進まなかった記憶しか無いけど、ぶっつけ本番で泳いでみたら、一応、前に進むことはできた。(^^;

 

なんでも、結局はクロールの手の動きを左右同時にやるのと似たようなモノらしい。

キックも同じような感じかな?

いろいろアドバイスをいただいて、無料のわりに手応えのある充実した時間が過ごせました♪

自分のSWIMメインはあくまでもロングトライアスロンのクロールだけど、ひとまず一応はこれで4泳法のいずれもいける・・・ような感じになれたから、急ではあったけど、参加してよかった。

 

 

<アドバイスめも>

・力を入れるところと抜くところのメリハリをつける。

・腕のかく動きは前方後円墳のような、カギ穴のような形をイメージ。

・腕をかいて、プッシュするときに力を入れて、すぐに力を抜いてリカバリー。

・リカバリー時は、まず肩から水面に出る。

・入水はまっすぐ。腕を伸ばす。

・息継ぎはアゴが水面に付くくらいの高さで。

・首に力を入れ過ぎない。

・キックは、ド〜〜〜ン、パン、ド〜〜〜ン、パンというように、ゆっくりタイミングで、強く、軽くの交互。

・ド〜〜〜ンでお尻が浮く。これによりうねりが出れば、より速く進む。

・ド〜〜〜ンでヒザが曲がる傾向にある。ヒザは曲げ過ぎない。

・あまり深く蹴ると身体が沈む。

・蹴った後、力が入っていると身体が沈む。ド〜〜〜ンの後力を抜けば、自然と足が浮くはず。

・パンはスナップ程度。

・水しぶきはそれほど上がらない。水面すれすれでキックをする。

・ずっとやっていると腰に負担が掛かるので、時々背泳ぎ等で腰を伸ばしてあげてやる。

 

2018年はIRONMAN Race Year、場所は韓国:Gurye(求礼)

■日付 : 2017/11/22(水) 01:00
■分類 : スポーツ(トライアスロン)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

http://asia.ironman.com/triathlon/events/asiapac/ironman/korea.aspx

 

 

その目的はきっと、アイアンマン・ハワイ・ワールドチャンピオンシップを10数年後に出場権を得るためのステップであり、そしてひょっとするとその推薦条件のひとつ「12大会の完走」のフラグを立てることにある・・・のかもしれない。

 

ロングレースをやる目的、その心底から溢れる動機は「日本国内の5大会をすべて完走する」だったけど、それは去年の佐渡で完遂した。

唯一心残りがあるとすれば、しっかり練習しきれなかったままに臨んだ皆生。

しかしこれも完走自体はできた。

家族3人で同伴フィニッシュをする、という夢も、できれば皆生で達成したい。

 

じゃあ皆生でなくていいのか。

・・・なんだろう、皆生なら、抽選倍率のことはあるとは言え、「いつでも出られる可能性がある」という想い、そして「一度出たし」という想い、そして「どうせなら新天地」、そして「将来のことを見据えて海外レースを経験しておきたい」という想いが、韓国を選んだ動機のようだ。

 

同じアジア圏であれば台湾のほうが、日本事務局もあるので良さ気だけど、いかんせんツアーや現地の移動手段や宿泊施設が、高い。

25万円くらい掛かるのであれば、「だったらもう5万くらい出して欧米や南半球に行ってみたい」というのが本音。

けど、「それだったらもっともっと鍛錬を積んで、それこそハワイスロットが狙えるほどの実力を備えて挑みたい」というのが、実力はまだまだ到底及ばないながらも、「それだけのカネを掛けるならやりたい」ことの本音。

 

 

韓国もツアーを使うと20万強は掛かってしまうが、全部自分で取れば13万くらいで行けてしまうことに気付く。

 

・早期エントリー:550ドル≒6.3万円
・8%手数料:約5,000円
・飛行機往復:約39,000円(諸税込)
・シャトルバス:片道35ドル=往復70ドル≒8,000円
・宿泊:18万ウォン≒18,500円
→ 合計133,500円。

 

だったら韓国、行ってみよう!

 

レースは2018年9月9日。

残りあと、291日!

CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 再び還りつく 〜佐渡トライアスロン参戦決定
    ryuzie (04/30)
  • 再び還りつく 〜佐渡トライアスロン参戦決定
    T (04/29)
  • 再び還りつく 〜佐渡トライアスロン参戦決定
    ryuzie (04/23)
  • 再び還りつく 〜佐渡トライアスロン参戦決定
    T (04/23)
  • エアロバイク:300ワット90回転
    gkrsnama (10/02)
  • 2014皆生トライアスロン参戦記、完成。
    T (09/16)
  • 2014皆生トライアスロン参戦記、完成。
    ryuzie (09/16)
  • 2014皆生トライアスロン参戦記、完成。
    T (09/15)
  • 2014皆生トライアスロン参戦記、完成。
    T (09/15)
  • 旅の終わり
    ryuzie (07/22)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BLOG内 検索
POWERED
総数
今日
昨日