アクセス解析
カウンター
⇒ メインページに戻る
斑尾高原で泥んこゲーム(違

■日付 : 2017/01/08(日) 18:21
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集



斑尾高原スノボに行ってきた。

ここ数年はスノボ回数がすっかり減ったけど、どうやら自分は「お気に入りのゲレンデに何度も行く」よりも「初めてのところに行きたい派」のようなので、11シーズン目になってさすがに日帰りで行ける選択肢が減ってきた。

加えて、だんだんバスツアーが面倒になってきた(笑)のと、年始の連休という、確実に高速道路が渋滞するのが目に見えていたので、今回も新幹線を利用。
日帰り15,000円の時点で割高なのに、さらに復路の指定席が満席とのことなので、プラス2,000円でグリーン車という贅沢っぷり。
結婚もして子供もできてからすっかり回数が行けなくなってきたから、そのあたりのおカネの使い方がだんだん雑になってきたw

なんかね、自由席争奪戦もめんどくさいし。
快適さにおカネを払ってるんですよ、きっとw


と、それはさておき、肝心のゲレンデはパウダースノーな全コース開放。
天候こそ曇り気味だったけど、遠く、日本海と新潟の平野が見えたのはちと感動。
まぁ、9月に行った佐渡は、さすがに見えないわなw

コースは意外と不整地や上級コースが多く(自分がそれを好んで選んだからそう感じただけかもしれないけど)、加えて通常はコース外指定されているような林間コースなんぞがたくさんあって、なかなか面白かった。


ちなみに斑尾高原の隣には「タングラムスキーサーカス」というゲレンデがあり、500円追加で共通券にできるので、いの一番にコレを入手。
斑尾高原側はかなり混んでたけど(でもお一人様レーンでわりとスイスイ)、タングラム側はそこそこ空いてたし、両方を合わせるとかなり大きめな規模のゲレンデだったからわりと満足。

なによりも、終盤に至っていつもは太ももがパンパンになって踏ん張りが利かなくなるんだけど、だてに佐渡ロングトライアスロンを完走してませんからね、その脚力を活かして(笑)、最後まで不整地であっても目一杯挑む足が残っててよかった。


残念ながら途中で気を抜いたのか、雪が無いところにひょっこり顔を出していた小さな泥の池に突っ込んでしまい、泥だらけになってしまったけど、新雪でゴシゴシすることでなんとか許容範囲内に抑えることができたかなと。
まぁ、帰ったら洗濯しよう。


往復のバスの争奪戦的な状況(待ち人全員乗れたけど)と、新幹線の席状況にも左右されるかもだけど、総合的には比較的満足のいく1日が過ごせました (^ ^)

 

滑り終わったらワックスかけるでちゅ

■日付 : 2016/02/13(土) 11:24
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集

マウントジーンズ那須で4代目ボード滑走

■日付 : 2016/02/11(木) 17:51
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集


てなわけで兄貴からもらったお古のボードを持って、マウントジーンズ那須って所に行ってきました。

週半ばの単体の祝日とは言え2月のハイシーズンだから道路も混むかな…と、その移動手段をいろいろ考えたけど、新幹線日帰りプランの半額で、いつもの朝発日帰りバスで行けるとあって、こちらを利用。

で。
東北道という事もあってか渋滞も無く、快適。
加えて、なんとバス乗車率が半分くらいで、2シートゆったり座れて快適快適。
最初、オリオンツアーのほうが新宿発着でラクだし、値段も少し休めだったもののすでに満席で。
んでビックホリデーを久しぶりに使ったけど、たまたまWeb割引をやっててほぼ同額、加えてガラガラとあれば、、、オリオンのほうが早く帰れるというのもあったけど、せいぜい1〜2時間程度の違いだから、長〜い目で見ればそう大した事は無いかなと。


んでゲレンデ。
コースマップから、その狭さは予想してたけど、予想通りの狭さでした(汗

けどゴンドラで一気に山頂に行けるし、雲ひとつ無いピーカン晴れで清々しかった(^ ^)

途中、コブが面白くて、普通スキーヤーしかやらないところにまぎれて何度も何度もやってみたり。
リフト時間も入れたら1時間くらいやってたかも?

他のコースも、初級を除いたコースの多くで意外にも急斜面が多くて、その容赦無さっぷりに多くのボーダーが立ち尽くして…いや、座り込んでる姿を目にしたり。
特に上級コースも、よくあるコブコブではなく純粋に斜度がキツくて、んで全体的に雪がカタいからヘタにターンせず、直滑降で一気に下ったりするのが面白かった。

あとビギナーズパークと称して、アイテムがいくつかあるハズのものがワイドボックスが1個、ポツンとある程度だったけど、全体的には時間ギリギリまで滑れたから良かったんじゃないかなと。


んでボード。
兄貴の身長が10cmくらい高いので、当然ボードも10cmくらい長く、んでたぶんそのぶん重いから、なかなか思うようにグラトリができなかった。
いや、ふだん回しやすいロッカーボードにすっかり慣れていたぶん、このキャンバーボードの特性を活かしきれなかっただけかも。
キャンバーのほうが高く跳べるので、そのぶん滞空時間が長くてオーリー系トリックもやりやすいハズな机上の空論だったけど、そもそも自分のグラトリのジャンプはムリヤリ両足跳びなので、それがへっぴり腰になり、重くて長いからうまく行かず…てな感じではないかなと。

あとコブも、テールが引っ掛かるような感じがあったかな。
こんどいつものロッカーボードでまた試してみよう。


そうそう、コブを何度もやりまくったのは、だんだんコツが掴めてきたわけで。
深いコブは最後までうまくいかなかったけど、中くらいの深さであればわりとうまく出来た。

・常に前傾姿勢
・正面側で踏むコブで足を伸ばしてコブを踏み付けつつ減速
・背中側で踏むコブではスピード制御できないので、下半身が持って行かれないよう頑張って前傾姿勢キープ
・最初のうちはゆっくり丁寧に、慣れてきたらスピードを出してテンポよく。


またやってみよう。
てなわけで充実した一日が過ごせました。

今度はまた3歳の娘を連れてスキーに行きたいことろ。
フリーランはそろそろ伸びしろが無くなってきた。かと言ってキッカーやハーフパイプは恐怖心先行。

となると、、、娘を滑れるようにして、一緒に滑ることで今までとはまた違った次元の楽しみを見つけられれば…と思う今日この頃、
あーでもやっぱり一人で今日みたいに太ももがパンパンになってリフト中に揉みほぐしながら、それでも果敢に攻めまくる滑りも楽しいなぁ、なんて思ってみたり。

4代目ボードは兄貴のお古でちゅ

■日付 : 2016/02/07(日) 18:00
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集


今のより10cmくらい長いので、果たしてどんなもんかを今度の祝日にでも日帰りで行って試してみようかと思ってる次第。
7年ぶりの上越国際

■日付 : 2016/01/02(土) 18:49
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集


娘が生まれてからなかなかロクにスノボに行けてなかったんだけど、この正月休みを利用して今シーズン1発目を行くことができました。

場所は…新しいゲレンデが好きだけどそろそろそういったところも少なくなってきたので(笑)…いろいろ考えて上越国際に日帰りで。
実に7年ぶり。

前回はスノボを始めて2シーズン目で、大晦日に夜行バスで友だち3人で行ったものの、雪がほとんど無くてほとんどのコースが滑れず。

年齢を重ねて、夜行バスもそろそろキツくなってきたし、朝発だと滞在時間が短いし、帰りの関越高速の渋滞予測が酷いことになっていたので新幹線を利用するつもりでいたから、ちょうど上越国際も日帰りプランに存在していて、前回の「やり残した感」を払拭するにちょうどよく。

まぁ正月休みでお値段17,600円と高めだけど、回数を行けない代わりに質を上げると考えれば&快適な時間を買うと考えればw


で。
まずその日帰りオンライン予約が今年はすげー進化してて、今までだと2日前の17時までの申し込みで、担当者とメールでやりとりする手間が掛かっていたのに対し、今年はなんと前日18時までOK、かつ乗車混雑状況というか指定席の確保可否だけでなく、なんと飛行機のように事前に座席図から任意の場所を選べるという!

このシーズン、行きはわりと取りやすいものの帰りが酷くて、21時すぎでないと指定席が取れないという。。。
まぁ限定列車じゃないから、指定席じゃなくても別の時間の自由席もいけるのでとりあえず往復とも抑えて、あとは当日調整すればいいかなと。



んでゲレンデ。
前回の悪夢を払拭するかのような、ほぼ全面オープン。
雪質もまぁまぁで、朝は10時からめいっぱい滑ることができました。

さすがにハーフパイプはぜんぜん出来てないし、パークも申し訳程度にボックスあたりがちょろっとある程度。
でも妻子持ちになって、あまり攻めるわけにもいかないからね、ちょうどいいかと。

ゲレンデ自体は前回の風景を懐かしみつつ、前回滑れなかったところをガンガン滑って。

昼飯も持参したおにぎりや携帯スティック菓子なんぞでしのいで、久しぶりにずーっと滑ってたり。
途中、若干飽きてソフトクリームなんぞを食べたりしたけど、その後はなんか無心でひたすらリフトに乗っては滑って、リフトに乗っては滑って…を繰り返して。
途中、右足太ももがパンパンになってもリフト中にマッサージして、ほとんど休憩無しでw

んで気付けば17時を過ぎていて。
ナイターも出来るので、21時すぎの指定席新幹線まで粘るか、それとも立ちっ放し覚悟でさっさと帰るか迷ったけど、そういえばレンタル屋のコインロッカーを借りてたなぁと思い出し、店が閉まったりしたらタイヘンなので、17時をすこし過ぎたあたりで引き上げ。

なんか、バスツアーと違って自分のある程度好きなプランでいけるのは新鮮やね。
んで、、、越後湯沢駅までローカル線で戻って、1時間を晩ご飯や駅内温泉なんぞで費やしたうえでの始発新幹線にしようかと思ったけど、とりあえず直近のガーラ湯沢始発の自由席にチャレンジすることに。

で。
わりと行列も長く、わりと席も埋まってたけど去年のように新潟始発による「すでに立ちっ放し客がいる状態」では無いぶん若干の空き席があって、都合よく1人席に座ることができました(^^)
晩ご飯も確保してないけどw


カービングやらグラトリやらボックスやら、どうも上達に頭打ち感がここ数年否めないけど、まぁ満足のいく一日が過ごせたかな?
また機会があれば行きたい、、、娘やヨメさんを連れて行ければいいなぁと思った年明けの出来事でした。

あ、あけおめことよろ。
シーズン終了を感じさせるサンメドウズ清里

■日付 : 2015/03/21(土) 18:45
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集


常駐案件のヒトと一緒に日帰りスノボ。

サンメドウズ清里っていう所はバスツアーであまり見かけないゲレンデだったので&春スキー価格3,800円だったので行ってみた。

規模は小さく、キッズの受け入れに積極的なファミリー向けという印象。
ただパークがそこそこ充実していたのと、キッカーで久しぶりに「ポーン」と綺麗に飛べたので、全体的な印象としてはそんなに悪く無かったかなと。

にしても雪質がすっかり重くなった。
今シーズンはこれを合わせて3回しか行けてないので残念だけど、まぁ行けただけマシかなと。
失敗を過剰に恐れる限り、キッカー・ジブ・パイプの上達は見込めない

■日付 : 2015/02/10(火) 17:20
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集


ボードパークやハーフパイプに興味を持つようになってから、一度は行ってみたいと思っていたX-JAM北志賀高井富士に行くことができました。

ついでに現地で500円追加で木島平っていうゲレンデも使える共通リフト券になって、縦には短いけど横にけっこう広いゲレンデの出来上がり〜


さて。
ハイシーズンで翌日が祝日とは言え、有給特権の平日なのでそんなに混んでないだろう、などという淡い期待はもろくも崩れ、満席の夜行バスで熟睡できない数時間をガマンし、早朝に到着。
用意された建物は圧倒的に狭く、客の人数に対してキャパが完全に破綻している状態。
いや、このバス1台なら構わないんだけど、いろんなツアーバスが次々に押し寄せるので。
その動向を察知し、1時間ほど早く着替えて準備運動をして。
ちょうどハイシーズンは朝7時から一部のリフトが運行されるので、いい感じにスタートが切れたかなと。


んで。
お目当てのパークとハーフパイプはと言うと…おや?何やら大会が開かれているようで、、、どうやらスロープスタイルのテク選をやってたらしい。
バカでかいキッカーや難しめのジブは御免蒙るので、まぁリフトが被って少し混雑したけど、許容範囲かなと。

というか、今日は週末か?!と思わせるほどの客の多さにビックリ。
パイプとかに客が少なかったのでまだ良かったけど。


パイプやキッカー、ボックスなどと少し戯れた後、もともとくっ付いている「よませ温泉スキー場」を数本滑って。
こちらは初心者向きかな?
斜度が緩くて幅が広め。
その代わりいくつかのスキー教室をやっててリフト大渋滞…になる前にさっさと乗車。

ひと通りのコースを滑って、高井富士に戻ってパイプたちと少し戯れて、今度は「木島平スキー場」に移動。

だんだん急斜面の踏ん張りが出来なくなってきたのでそろそろお昼にしようと思ったらまだ11時w
そりゃ朝イチからあくせく動いてたからね。なんとも有効な時間の使い方だこと。

一瞬、ビールという選択肢も頭をよぎったけど、今日はちゃんとパイプたちと戯れたかったのでガマン。



昼休憩中に天気が良くなってきたので、木島平の上から下までを写真撮りながら数本、あとこちらにもパークがあったのでそれとも戯れて。

んで高井富士に戻って、パイプやジブと戯れて、水分補給休憩したらもう13時。
パイプが15時で終わるので、あとは基本、パイプメインで。

そうこうしているうちに15時を過ぎて、あとは乗ってなかったリフトに乗ったり非圧雪コースと戯れたり、レールやボックスをこすったりして。


少し早めに終えて、いつものありがとうございましたの儀式をして、風呂に入ったらこれまた芋の子を洗うかのようなぐちゃぐちゃ状態。
お湯がなぜか出ないのでぬるま湯で行水して、風呂に浸かって、着替えて外に出たらちょうどリフトの営業が終わってゾロゾロと帰ってきた連中にもみくしゃにされて。
荷物の梱包とかを外でやって、バスに乗って、なんだか慌ただしかった1日+夜行移動を終わらせることができました。


ゲレンデ自体はけっこう良かったかな。
ただ設備の面で致命的にオワットルので、もし次があるならばそこを回避したいなぁなんて。



さて、本題。
去年および今年の目標に、せめてエアターンや、へっぴり腰でないグラトリ、あと書いてないけどジブの新技を身に付けることがひとつあるものの、どうしてもそこに「キッカーやパイプの失敗→骨折→北海道アイアンマンに響く」や「ジブの失敗→ボードを割った実績の再発」という想いがアタマをよぎってしまう。

べつに怪我をしなくても上達できるハズだし、ボードを万一割ったとしても、極端な話、オカネで解決できる(買い直す)方法だってあるはず。

幸か不幸か、ボードやり始めの時はスクールに入りまくったりバッジテストで講習を受けまくったりしたから、パイプやジブ、グラトリなんかもそういった「正しいやり方」を教わらないと出来ない、的な思考になっているのではないかと。
書籍はさんざん読んだからね。DVD付きのやつとか。

だから過去にパイプ合宿ツアーに行ったり、グラトリのスクールにも時々入ったりしたんだろう。

まぁそれはそれでもちろん良いとして、そうじゃない普段の滑走の時にもっと攻めていかないと、いつまで経っても上達せず、指をくわえていつまでも「いいなー」と言ってるままで終わるんじゃなかろうかと。
特に今日はヘルメットとヨロイで完全武装したわけだから、なおさら攻めの滑りをしないと。

だからキッカーもストレート系+グラブくらいしかやらなくて、ボックスも以前コツを掴んだフロントサイドボードスライドで、お尻を思い切り突き出すスタイルが今日はとてもよく安定したので、その「出来ることしかやらない」状態に陥っている模様。

カービングもグラトリもグラブも、最初は出来ないなりに常に意識して実践して、痛い目をたくさん見て、それでそこそこ出来るようになった事を考えると、やはり「怪我したらどうしよう」じゃなくて「出来るようになるまで頑張る」「どうすれば出来るようになるのか」でなければ。


そのうえで、やはり北海道最優先で怪我したくないのであれば、、、

はてさて、どうしたものか。。。


あ、グラトリがへっぴり腰なのは、もしかしたらロッカーボードだからあまり高く飛び上がれなくて、そのせいで頑張って回した結果、そんな外観になってしまうのかなと思った今日この頃、とりあえず今シーズンは前回の滞在時間:3時間事件で終わりにならなくて良かったと思った次第なのでありました。



※とりあえずの今回の成果

フロントサイドボードスライド:お尻を思いっきり突き出す姿勢で一度もコケなかった
ハーフパイプ:消極的だったので結局完全に抜けたエアターンはほとんど出来なかった
キッカー:ストレート系はコケずにいけたけどこれも消極的なので距離と高さは出ず
グラトリ:いつものトリックに終始。そろそろほかのトリックなんかもやりたいが…

全体的に:怪我無く終えることができたので良しとしましょ。それよか、久しぶりに全身筋肉痛になるまで目一杯滑れたので満足。
リフト故障で全機停止

■日付 : 2015/01/02(金) 15:30
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集


2015年シーズン1発目は、バスツアーには無くて新幹線ツアーのみのプランのひとつ、「水上高原スキー場」に行ってきました。

基本料12,500円、単独参加チャージ300円、往復ともに指定席が満席で往路のみグリーン車で1,500円加算、かと言って自由席割引は無し。

で。
肝心のコースは、話には聞いていたけど狭くてツマランw
まぁファミリー向けにはいいのかな。
でもパウダースノーは素晴らしかった(^ ^)

で。
さて、そろそろ昼ご飯でも。と思った頃に何やら客の動きがおかしくて、みんなハイクアップしてくるの。

リフト乗り場まで行ってみたら「故障です」「予備電源に切り替えるが数時間掛かります」とか何とか。

いつぞやの宮城蔵王すみかわスキー場で強風による午前運休の時に2時間、山頂まで歩いたのを思い出して、ちいとここでも30分くらいかな?ハイクアップしてみたんだけど、道を間違えたらしくクロスカントリーコースに迷い込んでしまったので諦めてスタート地点に戻る、と。

んでメシでも食おうかと思ったけど、満席で入れてもらえず。
軽く補給食を食べて、その場グラトリ練とかしてたけどいっこうに復旧しないし、待つのも飽きたので予定より3時間早いシャトルバスに乗って帰るなう。


滞在時間 3 時 間 で14,300円wwwwww



正月から夫婦喧嘩はするわ、いろいろ蹴飛ばしてたら37年モノの大事な洋服タンスに穴は空くわ、娘は怖がってギャン泣きするわ、足は捻挫状態になるわ、新幹線往路の指定席はおろか自由席もガラガラでグリーン車チャージは意味無いわ、ゲレンデはつまらないわ、リフトは止まるわ、帰りの自由席は満席で1時間以上直立不動だわで、何の仕打ち?これ。ねぇねぇ。
おまけに滑ってる事ときは吹雪いてコンディション最悪だったのにこの帰りのバス時間帯になって快晴って、何?これ。

厄年にはまだ早いよね?これ。
2015年は最悪のスタートとあいなりました。
みなさん良いお年を。
パルコール嬬恋でパウダーラン

■日付 : 2014/01/11(土) 17:05
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集


バスツアーには無くて新幹線プランのみに存在するパルコール嬬恋。
以前から一度行ってみようと思ってたところで、この3連休を利用して一人で日帰りで行ってきました。

あ、その代わり明日明後日は娘の面倒をみる番で、ヨメさんには羽根を伸ばしてもらおう…って、どうも自分を含め3人とも体調が悪かったり(汗)
前日から激しく腹下りんぐで、当日もトイレのお世話になってばかりだったけど、ヨメさんにもらった薬が効いたのか、現地では比較的落ち着いてくれてて。

で。
ゲレンデ規模は中くらいだけど、この寒波の影響か、はたまた高い標高のおかげか、全体的に上質なパウダースノーを久しぶりに味わう事ができて。
ただめちゃんこ寒かったけどw
頂上は常にマイナス7度くらいw

着いてしばらくは快晴で、むしろ汗をかくくらいだったけど午後になって曇りがちになると、やっぱ寒い。

ところで、3連休の初日なのでもっと混んでるかと思ったけど実際はコースに余裕があって、しかも圧雪された部分の少し外れた雪が多くの部分で誰も滑っていない状態で。
なのでいわゆる新雪の浮遊感をちょっぴり体感できたかな?できれば深雪の滑走練習もしたかったけど、さすがにコース近くではその環境が無かった。

滑り自体はいつもの感じなんだけど、キッカーがひとつあって、あとボックス以上レール以下の幅の細めのボックスがあったので後半はそればかりw
キッカーはやや小さくて、リップも営業時間中の定期メンテをしていないようなのでやや崩れてきていたけど、比較的対空時間の長いインディグラブが1回できた。
ほかにもミュートグラブや180を試みたけど、やっぱり数年前の骨折の怖さがあって思い切りに欠け、マトモな180はできず。
ていうか8シーズン目にもなっていまだに180ができないって…。
果てさて、どうしたものか。
ヨロイ着てハイクアップして練習しまくるしか無いか?(汗

あとボックスは、一度だけフロントサイドスライドを試みたけど、一回転スッテンコロリンしてしまい。
幅が狭いとアプローチからボックス上のポジションから体重の掛け方から、なかなかシビアやね(汗
ってか、これも8シーズン目にして以下略
以前ハンタマでボックスインに失敗してボードを真っ二つにしてしまった怖さもあり、やはり「それでもやったるわい」という果敢なチャレンジ精神にどうも欠けるなぁ。。。

あとスッテンコロリンと言えば、グラトリの360をやろうとしたときに雪に引っ掛かって、顔面から思い切りコケてしまい。
幸い、ゴーグルのクッションで被害は縮小できたものの、ゴーグルのフチの部分がしばらく痛くて、、、今日は久しぶりに痛い思いをいろいろしてしまいました f^_^;)

まぁとりあえず無事一日が終えられたので、いつもの感謝の儀式をして家路につくのでありました。
1stシーズン以来、7年振りの菅平高原スノボ

■日付 : 2014/01/03(金) 17:57
■分類 : スポーツ(スノーボード)
---------------------------
comments(0) / trackbacks(0) / 編集


思い起こせば初めてのスノボが菅平。
当時、1泊して滑ったけど当然ながらド下手だったのでほとんどコースを滑れていなくて。
それ以来、いつかもう一度行きたいと思っていたところに、この正月休みを利用して再び帰ってくる事ができました。

コース自体は横に広いものの縦に短く、ほとんどのコースがリフト1本で頂上に辿り着いてしまうというもの。
そのぶん体力の消耗はそれほど無く、今の自分にとってはやや物足りなかったかな?スノボパークとかもまだ出来てなかったし。

ただ、やっぱ懐かしさはあって、8年前に初めてボードを履いたその場所に立つと感慨深…くはなかったかなw
今やどこにでもあるようなコースのひとつ、という気持ちが強かったかも。
けど、当時の思い出はわりと鮮明に覚えてて、「あそこで頭から突っ込んだ」、「ここで突き飛ばされたw」とか、記憶をリトレースしながら滑るのもなかなかオツなものでした。


全体的に初心者向け感の漂うゲレンデ。家族連れも多く、チビッコたちがソリやスキーやスノボに戯れる姿を見つつ、遅くても3歳になるまでには娘を連れて、家族3人で行きたいと改めて思った一日でした。

寒いし疲れるし、コケたら痛いし。
そんなアクティビティをどうやって楽しさを伝えられるものだろうか。
少なくとも「親父が楽しそうにやっている姿」は自信があるので、その楽しさがうまく伝わればいいな。

今から楽しみです(^^)
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 再び還りつく 〜佐渡トライアスロン参戦決定
    ryuzie (04/30)
  • 再び還りつく 〜佐渡トライアスロン参戦決定
    T (04/29)
  • 再び還りつく 〜佐渡トライアスロン参戦決定
    ryuzie (04/23)
  • 再び還りつく 〜佐渡トライアスロン参戦決定
    T (04/23)
  • エアロバイク:300ワット90回転
    gkrsnama (10/02)
  • 2014皆生トライアスロン参戦記、完成。
    T (09/16)
  • 2014皆生トライアスロン参戦記、完成。
    ryuzie (09/16)
  • 2014皆生トライアスロン参戦記、完成。
    T (09/15)
  • 2014皆生トライアスロン参戦記、完成。
    T (09/15)
  • 旅の終わり
    ryuzie (07/22)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BLOG内 検索
POWERED
総数
今日
昨日